債務整理と整理屋事件屋との関係。

HOME > 債務整理 > 債務整理の豆知識 > 整理屋や事件屋に債務整理を依頼すると

債務整理の豆知識

整理屋や事件屋に債務整理を依頼すると大変なことに

整理屋や事件屋と呼ばれる団体のサイトは、「債務整理をお手伝いします」ですとか、「一人で悩まずにご相談ください」といったように、一目見ただけでは、当サイト同様に、司法書士(司法書士法人)若しくは弁護士(弁護士法人)が開設している「債務整理」のウェブサイトと何ら違いがありません。

しかし、あなたの相談先が司法書士(司法書士法人)若しくは弁護士(弁護士法人)ではなく、整理屋(事件屋)だった場合には大変なことになりますのでご注意ください。

一見、あなたの借金問題を助けてくれるような表示をしておりますが、やることは全く異なります・・・・。借金の状況についてたいした話も聞かず、「債務整理の手付金」ですとか「債権者への返済金」といった訳の分からない名目のお金の積み立て要求し、あなたから多額のお金を取り、肝心の借金問題は何もせず、言わば「塩漬け」状態です。

さらにやっかいなのは、債務整理を行う得る有資格者・・・つまり本物の司法書士や弁護士が関与しているケースも実在すると言うことです(非常に残念なことです!)。

このような悪質な有資格者を、「提携司法書士」、「提携弁護士」などと言い、彼らは私たちが債務整理にて行う「受任通知」といった債務整理の介入の通知を本当に債権者に送付します・・・そうすれば債権者からの取立て行為は一時的にせよ止まりますからね。しかし、それは単にあなたから少しでも多く金銭を巻き上げるための時間稼ぎに過ぎず、その後の引き直し計算や債権者との和解交渉、民事再生申立、自己破産申立といった、各種債務整理を行うでもなく、最後はもっともらしい言い訳や難癖をつけてあなたのとの委任契約を解除し、辞任してしまいます。

とにかく、司法書士(司法書士法人)若しくは弁護士(弁護士法人)以外の者が他人の債務整理を行うことは法律上禁止され、行い得ないということが大事なポイントですので忘れないでください。

そして、相談に行ったのに司法書士や弁護士と会わせてもらえなかった場合、また、「NPO」や「消費者○○」、「救済センター」といったような、良心的かつ、一見すると公的機関と思わせるような団体であっても、それだけでは信用をせず(NPOだろうが救済センターだろうが例外ではありません)、最低限でも必ず、司法書士若しくは弁護士の存在の確認をお勧めします。