債務整理事例。700万円もの借金が個人再生によって100万円にまで減額。

HOME > 債務整理事例 > 個人民事再生 : 700万円あった借金が個人再生によって100万円にまで減額

事例 6 : 個人民事再生(小規模個人再生)

700万円あった借金が個人再生によって100万円にまで減額

依頼者
Fさん
職業
サラリーマン
月収
36万円
家族構成
妻、子1人
借金総額
700万円
借入先
消費者金融5社、信販会社2社

【ご来所持の相談内容】

債務整理相談前は、債権者7社に対して、毎月240,000円を返済していました。借金のほとんどがパチンコ(ギャンブル)や趣味のゴルフによる消費であり、今では生活もままならず、また、2ヶ月程前からは返済ができなくなってしまい、督促状や支払い催促が毎日届くといった、日々の生活もままならない状況でした。

借入先 借金(相談前) 借金(引直計算後) 借金(再生認可決定後)
A 社 90 万円 50 万円 100 万円
B 社 120 万円 70 万円
C 社 100 万円 60 万円
D 社 80 万円 50 万円
E 社 100 万円 100 万円
F 社 70 万円 40 万円
G 社 140 万円 110 万円
合 計 700 万円 480 万円 100 万円
毎月の返済額(相談前) 毎月の返済額(債務整理後)
240,000 円 27,800 円

【詳細説明】

相談前には総額700万円あった借金が、個人債務者再生の認可決定を得ることによって借金は100万円にまで減額することができました。

また、月々の返済も、相談前には月240,000円を返済していましたが、債務整理の後は、月27,800円にまで減額し、このままキチンと支払いを続ければ3年で支払いは終了し、Eさんの債務はなくなる予定です。

尚、個人民事再生は、借金の理由がギャンブル(パチンコ・競馬・スロット)や浪費(買い物)であっても特に問題ありません。