債務整理事例。消費者金融が将来利息のカットや分割弁済に応じ無い為特定調停へ。

HOME > 債務整理事例 > 特定調停 : 消費者金融が将来利息のカット・分割弁済に応じず特定調停申し立て

事例 5 : 特定調停(1社のみ)

消費者金融が「将来利息のカット・分割弁済」に応じなかった為特定調停申し立て

依頼者
Eさん
職業
アルバイト
月収
15万円
家族構成
両親
借金総額
170万円
借入先
消費者金融4社

【ご来所持の相談内容】

債務整理相談前は、債権者4社に対して、毎月55,000円を返済していました。元金がまったく減らず、更に近頃、毎月の返済が厳しくなってきたので、少しでも借金を減らしたいということで、相談にいらっしゃいました。

借入先 借金(相談前) 借入期間 借金(債務整理後)
A 社 50 万円 4 年 25 万円
B 社 50 万円 3 年 35 万円
C 社 30 万円 10 ヶ月 30 万円
D 社 40 万円 3 年 25 万円
合 計 170 万円   115 万円
毎月の返済額(相談前) 毎月の返済額(債務整理後)
55,000 円 32,000 円

【詳細説明】

当初は任意整理にて進めておりましたが、C社だけは、将来利息のカット(元本のみ)並びに36回の分割弁済による和解に応じてくれないため、C社については特定調停を申し立てました。

結果、C社についても、任意整理を行った3社同様の内容にて和解することができ、相談前には総額170万円あった借金が、債務整理の後は、115万円まで減額することができました。また、月々の返済も、相談前には月55,000円を返済していましたが、債務整理の後は、月32,000円にまで減額しました。このままキチンと支払いを続ければ3年で支払いは終了し、Dさんの債務はなくなる予定です。

尚、当初C社が将来利息ゼロの36回分割弁済に応じなかった理由は、そもそもC社は利息制限法内の利率にて貸し付けを行っており、しかもDさんとは10ヶ月間しか取引がないのにもかかわらず、それを元本のみの36回分割払いで応じたのでは、会社が赤字になってしまい、そのようなことは到底容認できないからとのことでした。