認定司法書士に依頼した際の個人民事再生(小規模個人再生)手続きの流れ。

HOME > 個人民事再生 > 個人民事再生(小規模個人再生)手続きの流れ

個人民事再生手続きの流れ(小規模個人再生)

ここでは小規模個人再生(住宅ローン特則なし)の手続についてご紹介します。尚、以下ではあたかも債務者本人が自ら準備をして申立て、更に再生認可を得るような表現となっておりますが、それは手続きの流れを分かりやすくご説明する都合上のためであることにご注意ください(専門家の関与なしに一人で行なうことは非常に難しいです)。

個人民事再生は、様々な法律知識を要し、債務者本人だけで行うことは非常に難しい手続きであると言え、ほぼ全ての個人民事再生が専門家の関与によって行われているのが現状です。従い、以下の手続きは通常、専門家の関与(代理やアドバイス)の下に進んで行きますので、ご安心ください。

スタート     過払   和解 終了
受任通知の発送 引直計算 過払返還請求 過払金返還
     
開始決定 民事再生
申し立て
  返さない! 過払金返還請求
訴訟
          終了
再生計画案提出 債権者決議 認可決定 返済開始

個人民事再生手続きの為の面談(小規模個人再生)

まずは、個人民事再生を採ることが依頼人様にとって適切なのかを判断する必要があります。 専門家の経験上から判断した「とりあえずの方針」に過ぎません。

何故ならば、債権者から取引履歴を取り寄せ、利息制限法所定の利率による引き直し計算を終え、本来の債務が確定してからではないと、適切な債務整理を確定することなどできないからです。

個人民事再生の主な聞取り事項(小規模個人再生)

  • 借入先と借入先ごとの借入額について
  • 最初に借入をした時期及び理由
  • 保証人の有無、また、保証人になっているのか?
  • ローン支払い中の車や不動産はあるか
  • 月々の返済額について
  • 収入や資産について
  • 生活費について
  • ご家族の状況について