債務整理(任意整理・特定調停・個人民事再生・自己破産)手続きを行う際に役立つ法律用語を集めました。

小規模個人再生(しょうきぼこじんさいせい)

2010年 8 月 2日 by admin

小規模個人再生とは、継続的な収入のある個人や個人事業主が利用できる個人民事再生手続で、サラリーマンの方はもちろんのこと、年金受給者やフリーター、パートの方でも利用できます。

再生計画案を認めてもらうためには、再生計画案に同意しない債権者が、債権者総数の半数に満たず、かつ、その同意しない債権者の有する債権額が、すべての債権額の2分の1を超えていないことが必要です。

小規模個人再生における債権者の同意とは、債権者から「賛成します!」という表明を得なければならないことではなく、「反対します!」という表明がなければよいということで、このような同意を消極的同意といいます。

 

「債務整理&過払い金返還請求のABC」へ移動(別窓)

タグ: , ,

関連する投稿

Posted in


(comments are closed).