債務者が特定調停をしても連帯保証人への請求は維持されます。

HOME > 債務整理のQ&A > 特定調停 > 債権者本人による特定調停と保証人の支払義務の減額

債務者本人が「特定調停」をすれば、保証人の支払義務も減額されるのでしょうか?

特定調停によって、借金の額が減額したとしても、保証人はその影響を受けず、今まで通りサラ金消費者金融等の貸金業者は、保証人に請求してくることになります。

従い、保証人がいる場合には、事前にこのことを説明し、場合によっては、一緒に「特定調停」やその他の債務整理を行うことも検討する必要があると思います。