個人民事再生であればマイホームを手放さずに済みます。

HOME > 債務整理のQ&A > 個人民事再生 > 一定の条件を満たせば住宅を手放さずに個人民事再生が可能

「個人民事再生」なら住宅を手放さずに借金の整理ができるのですか?

はい、ローン返済中の住宅を個人民事再生を利用する方が所有、かつ居住しており、住宅購入(増改築も含む)に関するローン以外の抵当権(根抵当権)が設定されていないことなど、一定の条件がありますが、再生計画案に住宅資金特別条項(住宅ローン特則)を加えることによって、住宅を手放さずに個人民事再生を行うことができます。