債務整理をしても賃貸住宅の契約解除理由には当たりません。

HOME > 債務整理のQ&A > 債務整理全般 > 債務整理と賃貸住宅の契約解除

債務整理をすると賃貸アパート・マンションを追い出されるのでしょうか?

例えば、借金が免除される自己破産という制度がありますが、自己破産をしたことは、賃貸借契約の解除理由には該当しませんので、大家さんから追い出されるということはありません。

ただし、賃料が支払えなくなっている状況ですと、自己破産したこととは別に賃料不払いを原因として賃貸借契約を解除され、退去を求められるということは、十分に考えられます。