借金整理には債権者平等の原則が適応されます。

HOME > 債務整理のQ&A > 債務整理全般 > 友人や知人からの借金だけは返したい

友人や知人からの借金だけ返済したい。

債権者は、債権の種類や額、発生時期などにかかわらず平等に扱われ、債権額に応じた弁済を受けるべきとされています(債権者平等の原則)。

中には例外的(社会的政策)に優先権が認めらていれる債権もありますが、少なくとも友人や知人からの借金というものは、原則たる債権者平等の原則を守るべき債権となるため、この人達だけに借金を返すということは、認められません。