新着情報

武富士、更生計画白紙も。支援企業変更の可能性

会社更生手続き中の消費者金融・武富士が、韓国の消費者金融A&Pファイナンシャルの傘下で再生を図る更生計画が白紙になる可能性が出てきた。 » 記事全文を読む

D.多重債務消費者問題NEWS

更生計画認可―武富士

会社更生手続き中である消費者金融の武富士は31日、債権者への弁済などを盛り込んだ更生計画が東京地裁の認可決定を同日受けたと発表した。

(2011.10.31 時事通信 / 一部引用) » 記事全文を読む

D.多重債務消費者問題NEWS

銀行業法下でレイクが攻勢

大手消費者金融首脳は憤りを隠せない。

なぜなら、競合する中堅消費者金融会社のレイクが、10月1日から新生銀行の傘下で消費者金融事業の展開を始めたからだ。 » 記事全文を読む

D.多重債務消費者問題NEWS

<三井住友銀>プロミスの完全子会社化を正式発表

三井住友銀行は9月30日、22%を出資する消費者金融大手プロミスの全株式を約800億円で公開買い付け(TOB)し、12年4月に完全子会社化すると正式発表した。 » 記事全文を読む

D.多重債務消費者問題NEWS

カード現金化業者のネット広告撤廃へ 警視庁

多重債務者らにクレジットカードのショッピング枠を使わせて新たな借金をさせる「カード現金化業者」について、警視庁生活安全部は16日、インターネット広告の削除などを進めるため、インターネット広告協会や日本クレジット協会などの関係機関への協力要請に乗り出した。 » 記事全文を読む

D.多重債務消費者問題NEWS

被災者向け私的整理制度開始 貸金業が恐れる過払い再点火

8月22日より「個人版私的整理ガイドライン」に基づく債務整理の申請受付が始まった。

これは東日本大震災が原因で債務を返済できなくなった被災者の債務整理を進め、生活再建を支援するためのもの。 » 記事全文を読む

D.多重債務消費者問題NEWS

SFコーポレーション破産 負債1897億円

消費者金融準大手のSFコーポレーション(旧三和ファイナンス)=本店・横浜市港北区=は26日、東京地裁に破産を申し立てた。

地裁は同日、破産手続き開始を決定し、鈴木銀治郎弁護士を破産管財人に選任した。負債総額は約1897億円。 » 記事全文を読む

D.多重債務消費者問題NEWS

アイフル、破綻匂わせ過払金カット

経営再建中の大手消費者金融、アイフルが、経営破綻を回避するため、“掟破り”ともいえる奇策を次々と繰り出し、業界に波紋を広げている。

今年6月以降、いわゆる過払い金の返還請求を行っている利用者の代理人たちの元に、アイフルから「伝達・確認依頼書」なる文書がいっせいに送られてきた。 » 記事全文を読む

D.多重債務消費者問題NEWS

会社更生~債権者による書面決議《武富士》

会社更生手続き中の武富士の管財人は7月22日、東京地方裁判所に提出していた更生計画案を決議にかけるよう、東京地裁から決定を受けたと明らかにした。 » 記事全文を読む

D.多重債務消費者問題NEWS

「清算」の可能性高まる武富士

経営破綻した武富士の処理をめぐり新たな問題が発生している。

更生計画案の提出期限が7月15日に迫るなか、スポンサーである韓国のA&Pファイナンシャル社が、いまだ資金調達のメドが立たず走り回っているのだ。 » 記事全文を読む

D.多重債務消費者問題NEWS

次のページ »