新着情報

過払い請求しても「ブラック」とはなりません。

契約者が過払い金返還請求をした事実は、無担保、無保証で個人に迅速に融資を行っている、サラ金消費者金融等の貸金業者や、クレジット信販会社にとって(正確な与信情報を得るため)、必要な情報であると言え、これまでは過払い請求をすると、そのことが信用情報機関に反映され、今後の取引を拒否されている事例が発生していました(これを「コード71」と言います)。 » 記事全文を読む

A.債務整理の豆知識

自分でヤル債務整理 ~特定調停~

任意整理は、司法書士や弁護士といった専門家に依頼せず、債務者個人が一人で行うことは非常に難しいです。 » 記事全文を読む

A.債務整理の豆知識

個人再生・自己破産は全債権者を対象とします

個人民事再生自己破産(免責)は借金を大幅にカット(もしくは免除)する手続きなので、一部の債権者にだけ返済し、他の債権者には返済しないといったことなどが、債務者の意のままに許されるとしたならば、債権者平等の原則に反し、公平ではありません。 » 記事全文を読む

A.債務整理の豆知識

任意整理は債務整理の対象とする債権者を選べます

保証人が付いているため、債務整理をすると迷惑をかけてしまう恐れがあったり、また、低金利による貸付であるため、引直計算(金利の再計算)による減額効果が期待できない場合など、特定の債権者を債務整理の対象としたくない場合、任意整理であればそれが可能です。 » 記事全文を読む

A.債務整理の豆知識

「時効」の主張に相手方の了承は不要です。

時効には取得時効と消滅時効がありますが、どちらの時効にしても、相手方に対して時効を主張すれば(時効の援用)、相手方の承諾などは必要とせずに、(中断事由等が無い限り)時効は完成します。 » 記事全文を読む

A.債務整理の豆知識

利息制限法に反する和解(契約)は無効です。

利息制限法はお金の貸し借りについて利息の上限を規定しており、利息制限法の規定に反する借金弁済に関する和解(契約)は「無効」となります。 » 記事全文を読む

A.債務整理の豆知識

クーリングオフ=「無条件解除」

訪問販売などで(消費者が)申込や契約をした場合でも、一定期間内(8日間又は20日間)であれば、一方的に申し込みの撤回や契約の解除をすることができ、これをクーリングオフと言います(cooling-off :頭を冷やす)。 » 記事全文を読む

A.債務整理の豆知識

名義貸し=貸した人に返済義務があります!

A(他人)が借金を行う際、あなたが自分の名前をAに貸し、Aがあなたの名前で消費者金融と金銭消費貸借契約することを、「名義貸し」と言います。 » 記事全文を読む

A.債務整理の豆知識

完済後でも過払金返還請求は可能です

過去に消費者金融やクレジット会社からのキャッシングを利用しており、現在既に取引が終了している場合でも、取引終了(完済後)から10年を経過していない限り過払いの返還請求が可能です。 » 記事全文を読む

A.債務整理の豆知識

和解後でも過払金返還請求は可能です

司法書士や弁護士に依頼する前に、サラ金消費者金融等の貸金業者や信販会社と、分割払い又は一括払いの和解契約を交わしてしまっていても、その取引を利息制限法の上限利率(15~20%)によって引き直し計算してみた結果、過払い状態になっていれば、返還請求することは可能です。 » 記事全文を読む

A.債務整理の豆知識

次のページ »