新着情報

武富士、更生計画白紙も。支援企業変更の可能性

会社更生手続き中の消費者金融・武富士が、韓国の消費者金融A&Pファイナンシャルの傘下で再生を図る更生計画が白紙になる可能性が出てきた。

A&Pが買収資金の約282億円を払い込まず、12月1日に予定されていた事業承継が12月末ごろまで延期となったためだ。

12月末までに買収代金が払い込まれる保証はなく、更生計画を作り直して新たな支援企業を探す可能性が強まっているとみられる。更生計画を認可した東京地裁は、延期を認める条件としてA&Pが支払う買収代金を282億円から上積みすることを求めた模様だ。

(2011.12.1 読売新聞 / 一部引用)

更生計画に基づく弁済率は3・3%ですが、破産すれば1・9%に下がると試算されています・・・。

債務整理&過払い金返還請求のABCへ移動(別窓)

タグ: ,

関連する投稿

admin on 02 12 月 2011 08:23 pm