新着情報

銀行業法下でレイクが攻勢

大手消費者金融首脳は憤りを隠せない。

なぜなら、競合する中堅消費者金融会社のレイクが、10月1日から新生銀行の傘下で消費者金融事業の展開を始めたからだ。

これまでレイクは新生銀行グループの新生フィナンシャルが運営し、改正貸金業法下で事業を行っていた。それが銀行業法下での事業展開となる。

消費者金融業界は改正貸金業法施行で、総量規制などの“足かせ”をはめられた状況で事業を行ってきた。

ところが銀行業法下になると、それが取れる。

レイクはプロミス、アコム、アイフルなどの消費者金融とは競争条件が変わるのだ。

そのため、業界内からはレイクに対する怨嗟と羨望の声がわき上がっている。

(2011.10.4 ダイヤモンドオンライン / 一部引用)

・・

総量規制の足かせが取れるということは、年収の3分の1以上の融資も可能ということになります・・・。

債務整理&過払い金返還請求のABCへ移動(別窓)

タグ:

admin on 16 10 月 2011 10:16 pm