新着情報

カード現金化業者のネット広告撤廃へ 警視庁

多重債務者らにクレジットカードのショッピング枠を使わせて新たな借金をさせる「カード現金化業者」について、警視庁生活安全部は16日、インターネット広告の削除などを進めるため、インターネット広告協会や日本クレジット協会などの関係機関への協力要請に乗り出した。

カード現金化については、同庁が今年8月、全国で初めて東京都台東区の業者を「高利な貸金」と認定、出資法違反容疑で摘発し、警察庁も一部業者のサイトを削除するなどしていたが、その後もネットに広告が横行するなどしていた。

今回、ネット広告を作成する業界やカード協会など計9団体に協力を要請。悪質業者の広告や関連サイトの撤廃に乗り出した。

(2011.9.16 産経新聞 / 一部引用)

 

カード現金化に関する問い合わせや被害相談は昨年一年間の3倍に上っているとのことです。

債務整理&過払い金返還請求のABCへ移動(別窓)

admin on 20 9 月 2011 10:10 pm