新着情報

「清算」の可能性高まる武富士

経営破綻した武富士の処理をめぐり新たな問題が発生している。

更生計画案の提出期限が7月15日に迫るなか、スポンサーである韓国のA&Pファイナンシャル社が、いまだ資金調達のメドが立たず走り回っているのだ。

武富士をめぐっては、今年4月に管財人がA&Pをスポンサーとして選定。

ところが、6月中旬、事態は大きく変わる。複数の関係者によると、すでに更生計画案の提出まで約1ヵ月という差し迫った段階で、突如、日本国内で資金調達を開始したというのだ。

(2011.7.11 ダイアモンド・オンライン / 一部引用)

更生計画案を否決する動きも活発です。

債務整理&過払い金返還請求のABCへ移動(別窓)  

 

タグ:

関連する投稿

admin on 15 7 月 2011 12:21 am